家づくり

24坪2階建て2LDKの間取りを紹介②~コンパクトな居住スペースの1階~(注文住宅30)

こんにちは、らすくです。

2021年に注文住宅を建てる!!

この目標で、現在注文住宅の建築を進めています。

家の概要はこんなかんじ

注文住宅 地域密着の工務店に発注を依頼

構造:木造2階建ての一戸建て

2階リビング・2LDK・駐車場有

敷地面積:87㎡

延べ床面積:81㎡

場所:関西・住宅地

経緯:旦那さんの両親が生まれ故郷に引っ越し、リタイア生活を送ることに。空いた旦那さんの両親の古い家の土地で、新たに注文住宅を建てることになりました

そろそろ家の完成の目途が立ってきたので、

これまでの家づくりについて、振り返ってみたいと思います。

前回の記事で、「私たちの家の間取り」2階について紹介しました!

今回はその続き、「私たちの家の間取り」1階を紹介します。

この記事はこんな方向け
  • 建坪24坪2階建て2LDKの間取りが知りたい方
  • 間取りのこだわりポイントが知りたい方

家の概略を簡単におさらい

1階の間取りの紹介の前に、私たちの家の概略を簡単に紹介します。

大きさは、延べ床面積81㎡の24坪。

間取りは、2階建て2LDK+畳スペース。

2階リビングで、LDK+小上がりの畳スペースに全振りした家になっています。

間取りの全容はこちら!

1階:コンパクトな居住スペース

2階:広々LDK+小上がりの畳のくつろぎ空間

という方針で、1階と2階を使い分けています。

さかなさん

24坪の中で、自分たちのこだわりを優先しつつ、諦めるところはすっぱり諦めたので、

一般的な家から見ると、「だいぶ、変!」な間取りかもです。

なお今回の間取り図は、設計士さんの図面を、

3Dマイホームデザイナー13」というソフトで、自分で簡易的に再現しました。

なのでサイズなど若干異なる部分もあるかも。

だいたいのイメージとしてとらえていただければ幸いです。

また、私たちの家のテーマと優先ポイントは以下のとおりです。

テーマ:ウッドワンの無垢の木のキッチンと無垢の床が主役の家

優先ポイント

  1. 明るく広いリビング
  2. 空の見える明るい窓
  3. 予算でできる範囲で、家を快適にする主要な部分(温かさ・気密性・日射など)の性能を重視
らすく

続いて、1階の間取りの詳細を紹介していきます。

1階の間取りの詳細

1階は、コンパクトな居住スペース

間取りは、大きく分けて以下の3つのゾーンになります。

①玄関と階段

まずは、玄関と階段。

私たちの家は、玄関を入って真正面が階段です。

階段の形状は、2階の最後だけ折れる直階段。

間取り的に2階リビングをメインに考えながら、1階を住みやすい形にできるよう考えた結果、この形になりました。

完成前の、壁紙が貼られていない時点で、玄関から見えるとこんなかんじになります。

階段の素材は、床材と同じくウッドワンの集成ピノアースの階段にしました。

画像引用:https://www.woodone.co.jp/product/item/housing/kaidan/

「玄関からすぐ階段が見える間取りってどうなんだろう・・・」と、かなり悩みましたが、

  • 2階が居室ではなくリビングで、生活のメインは2階になるので、2階に上がりやすい方がいい
  • 来客も、2階に案内することになる

ということで、リビングに上がりやすい方がいいかと思い、この形でいくことにしました。

階段に折れ曲がりがないため、2階の光が玄関まで届き、

日中は電気をつけなくても玄関が真っ暗ということはなさそうです。

らすく

私の好きな神戸の紅茶屋さんが、入り口を入ってすぐ階段を上った2階にあるのですが、

そのお店の雰囲気になんとな~く似ていて、結果的に私はちょっと気に入っている階段です。

また、玄関の側面は、玄関収納。

玄関収納はここしかないので、上部が使いにくいことは承知で、高さは天井までにしました。

らすく

広いシューズクロークは憧れでしたが、シューズクロークを作ると、子ども部屋など他の部屋に支障が出るため、早々に諦め!

さかなさん

代わりに、外の北東の壁に、倉庫を置く予定です。

②主寝室と子ども部屋

続いて、②主寝室と、子ども部屋、ウォークインクローゼットです。

私たちの家は2LDKなので、部屋は主寝室(6帖+CL)、子ども部屋(4帖+CL)の2部屋のみです。

らすく

服の収納スペースだけは、絶対に確保してほしい!

ということで、約2帖のウォークインクローゼットを、主寝室の横につけました。

扉はつけておらず、主寝室からそのままウォークインクローゼットにつながっています。

また、子ども部屋は今のところ壁紙を貼っていません。

詳細は以下の記事へ。

どんな部屋にするかゆっくり考え、旦那さん、義理のお義父さん、子どもとDIYする予定です。

さかなさん

DIYできる漆喰などの塗り壁材を塗ってみるのがいいかな~と思っていたりしています。

塗り壁材としては、

が、比較的DIYしやすいようで、気になっています。

らすく

こちらの写真は、「ひとりで塗れるもん」。

壁紙の上から塗って、このような質感の壁にすることができます。

ただし、壁紙については、今となってみると、他の部屋と同じように、とりあえず貼っておいてもらってもよかったかもなあ~と少し思っていたりもします。

らすく

もしDIYが難しそうなら、内装経験のある義理のお義父さんに、他の部屋と同じ壁紙を貼ってもらうことにします(笑)

③お風呂・洗面室・トイレ

最後に、③お風呂・洗面室・トイレのサニタリースペースです。

1階の北側に1616サイズのお風呂と、

間口900mmの洗面化粧台+W450mmのトールキャビネットを配置。

また階段下は、洗濯機スペースとして活用しました。

らすく

廊下側の階段下も、高さの低い階段下収納として活用しています。

なおこの家で一番心配なのは、トイレの位置。

私たちの家は、トイレは1階のみです。

トイレの位置もかなり悩み

  • 階段下?
  • 玄関横?
  • お風呂・洗面所の近く?

と、家のどこからでもアクセスしやすく、なおかつおさまりのよい場所を検討した結果、最終的にこの位置に。

トイレに窓はいらないと思っていたので、窓がつけられないことは問題ないのですが、部屋の隣になってしまったので、

  • 主寝室・子ども部屋に音が聞こえてうるさくないか
  • ニオイが気にならないか

この2点が、心配なポイントです。

さかなさん

自分たちは日中は2階リビングで過ごして1階の部屋にはいないだろうから、気になるとしたら、夜寝ててトイレに行きたくなったときくらいじゃない?

らすく

深夜の静かな時に、水音がどれだけ気になるかな・・・?

夜間トイレの音で起こされないかが一番の心配ですが、私たち夫婦は一度寝るとちょっとのことでは目が覚めず、眠りは深い方。

今のマンションもトイレの位置が寝室に近いですが、今のところ夜間に起こされたことはないので、この形でいくことにしました。

らすく

ただ、繊細な方や、女の子の子どもがいる家だと、嫌がられるNG位置かも・・・。

うちの子どもは男の子ですが、子どもが大きくなって部屋をよく使用するようになった時に、どの程度気になるかが一番気がかりです。

きゅう

まとめ

今回は、私たちの家の間取りのうち、1階について紹介しました。

私たちの家は、

1階:コンパクトな居住スペース

2階:広々LDK+小上がりの畳のくつろぎ空間

の2つに分かれており、

1階は大きく分けて、

  • 玄関と階段
  • 主寝室と子ども部屋
  • お風呂・洗面室・トイレ

の3つのゾーンの構成になりました。

2階のLDKを重視して広くした分、1階はコンパクトに、生活に必要な間取りをまとめた家になりました。

以上、お読みくださりありがとうございました。

↓ポチッ☆ρ゛(・・*) ☆励みになります