家づくり

トイレはシンプルにタンクレストイレのLIXILサティスSタイプ!選んだ仕様や価格、TOTOのトイレとの特徴の違いを紹介します。(注文住宅23)

こんにちは、らすくです。

2021年に注文住宅を建てる!!

この目標で、現在注文住宅の建築を進めています。

家の概要はこんなかんじ

注文住宅 地域密着の工務店に発注を依頼

構造:木造2階建ての一戸建て

2階リビング・2LDK・駐車場有

敷地面積:87㎡

延べ床面積:81㎡

場所:関西・住宅地

経緯:旦那さんの両親が生まれ故郷に引っ越し、リタイア生活を送ることに。空いた旦那さんの両親の古い家の土地で、新たに注文住宅を建てることになりました

家に中で、3大重要な水回り設備が、

お風呂、洗面化粧台、そしてトイレだと思います。

トイレも毎日使うものなので、気持ちよく過ごせるものを選びたいところです。

検討の結果、私たちの家のトイレは

LIXILのタンクレストイレ・サティスS」にしました。

ここで、トイレ選びの際にまず迷ったことが

「TOTOにするか?LIXILにするか?」ということ。

また、トイレは「シンプル・掃除のしやすさ」を重視しましたが、

一方でおしゃれなトイレも捨てがたい~と、迷いました。

今日は、LIXILのサティスSについて、

選んだ理由や仕様・価格、

LIXILとTOTOのトイレの比較や、

トイレをおしゃれにするために私が迷ったポイントを紹介します。

なお、お風呂についてはこちら。

化粧洗面台については、こちらを。

この記事はこんな方向け
  • トイレを検討中の方
  • LIXILのタンクレストイレ・サティスSについて知りたい方
  • LIXILのタンクレストイレ・サティスSの選んだ仕様や価格について知りたい方
  • トイレについての私の後悔ポイントが知りたい方

まずは、トイレのメーカー選び

候補は、LIXILかTOTOで!

トイレ選び、まずはトイレのメーカーを決めるところから始めました。

さかなさん

トイレのメーカー、希望はある?

らすく

希望はとくになし!

なんとなく、トイレと言えばTOTOみたいなイメージがあるかも!

さかなさん

確かに、TOTOのトイレは、良いイメージがあるね!

調べてみたらLIXILのトイレも、悪くはなさそう。

らすく

じゃあとりあえずTOTOかLIXILということで、

どこが違うかみてみよう!

ということで、まずはLIXILとTOTOのトイレについて、

機能の特徴を簡単に比較してみることにしました。

LIXILとTOTO、特徴を簡単に比較

簡単に比較した結果をまとめると、こちら。

LIXILTOTO
便器内部の汚れにくさお掃除ラクラク衛生陶器、100年クリーン「アクアセラミック」汚れが付きにくく落としやすい、セフィオンテクト便器
除菌プラズマクラスターイオンで除菌「きれい除菌水」で使う度に菌を除菌
便器のすき間掃除のしやすさお掃除リフトアップお掃除リフト
掃除しやすさ▶継ぎ目なしのキレイ便座
▶掃除しやすいキレイノズル
▶つぎ目・フチなしのクリーン便座
▶「きれい除菌水」でノズルも除菌
▶水の膜を作って、汚れを付きにくくするプレミスト
におい対策プラズマクラスターイオンで除菌・消臭においきれいカートリッジで脱臭し、におい成分を「きれい除菌水」で洗浄・除菌
価格帯(タンクレスの場合)税込279,400円~
(サティス)
税込324,500円~
(ネオレストDH)
さかなさん

TOTOもLIXILも、機能的にはどちらも良さそうだね!

らすく

機能でいいな~と思うのは、

TOTOの「きれい除菌水」!

トイレを使う度に除菌してくれるのはいいな~!

TOTOの「きれい除菌水」は、

水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含む水のことで、薬品や洗剤を使わずに菌を減らしてくれるそう。

画像引用:https://jp.toto.com/products/toilet/neorest_nx/feature/01.htm

この「きれい除菌水」は、トイレだけでなく、

TOTOのお風呂やキッチンにもオプションでつけることができ、TOTOが力を入れているポイントかなと感じました。

さかなさん

LIXILも、一応、プラズマクラスターで除菌・消臭する機能がついているみたい。

だけど、TOTOほどアピールはしてないみたいだし、実際どのくらい効果があるんだろうね??

らすく

なんとなく除菌的には、

TOTOの方がよさそうな感じだね!

もう1点、違うなと私が感じたのが、トイレの隙間掃除のための「リフトアップ機能」でした。

らすく

トイレの「リフトアップ機能」、LIXILにもTOTOにもついているけど、LIXILの方が高く上がるみたい。

この隙間、掃除できるなら、気持ち的に私は絶対掃除したくなると思うんだけど、できるだけ便器に手が当たりたくないから、掃除しやすそうなLIXILの方がいいな~。

LIXIL

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/feature/toilet/#osouziliftup

TOTO

画像引用:https://jp.toto.com/products/toilet/neorest/feature/01.htm

らすく

写真ではちょっと違いがわかりにくいですが、

LIXILの方が隙間が広く、手が奥まで入るような感じでした

ということで、機能面では、TOTOは除菌水、LIXILはリフトアップがよさそうなものの、両者で大きな違いはなく、どちらも良さそうでした。

さかなさん

他に、決め手となりそうなポイントはある?

らすく

うーん、デザイン的にも、正直どちらでも良さそう!

あえて言うなら、なんとな~くLIXILの方が好きかな~ってかんじ。

さかなさん

ほんとに、どちらを選んでも後悔はなさそうだね。

じゃあ、お風呂も化粧洗面台もLIXILにしたから、メーカーを合わせて、トイレもLIXILにしようか!

ということで私たちは、お風呂と化粧洗面台と合わせて、トイレもLIXILの製品から選ぶことにしました。

私たちのトイレの条件がこちら

続いて、トイレを選ぶ前に、トイレで優先したい条件です。

私がトイレで最も優先したい前提条件はただ1つ、

シンプルで、掃除がしやすいこと!

トイレは基本的に汚れるものなので、掃除を小まめにする必要がありますが、トイレ掃除は面倒なので、できるだけさっと済ませたい。

ということで、掃除する場所が少なく掃除が楽そうな、シンプルさを優先して選ぶことにしました。

この前提条件を踏まえたうえで、細かい条件は以下になりました。

  1. タンクレストイレ
  2. トイレ全体がシンプル・すっきりしたデザイン
  3. 手洗いがついている

①タンクレストイレ

タンクレストイレとは、

下の写真(LIXILのサティス)のような、背後に水のタンクのないトイレの便器です。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

タンクレストイレの主なメリットは、以下の3点。

  • シンプルなデザインなので、お手入れがしやすい
  • 省スペース
  • 節水効果が高い
らすく

見て分かるとおり、便器本体の形がすっきりしていて、

余計な隙間がありません。

隙間が少ないので、隙間に汚れや埃、水垢がたまりにくそうな点が、タンクレストイレの一番いいなと思ったポイントです。

一方で、タンクレストイレは、以下のデメリットも。

  • 電気の力で水を流すので、停電時にトイレの水が流せなくなる
さかなさん

もしもの時は、手動レバーを使って、一時的に手動で水を流すことはできるそうですが、停電時は極力使用しない方がよさそうです。

②トイレ全体がシンプル・すっきりしたデザイン

続いて、トイレの便器以外のデザイン。

大まかに言うと、

  • トイレットペーパーホルダー(紙巻き)
  • 収納棚
  • 手洗い

などがありますが、

シンプル・すっきりしていて、できるだけ掃除がしやすそうなものを選ぶことにしました。

③手洗いがついている

最後の条件が、トイレの手洗いです。

さかなさん

トイレの手洗いって、必要??

らすく

トイレの手洗いは、絶対いる~!

  • トイレの後、トイレのドアを触る前にすぐに手を洗いたいし、
  • トイレ掃除の時にも、もしちょっと汚れてしまったら、水を使って手や汚れた物をすぐに洗いたい
  • それに子どもが小さいから、汚してすぐに洗いたくなるかも

とにかく、手洗いは譲れない!

ということで、トイレの手洗いは必須でつけることにしました。

タンクのあるトイレの便器の場合、(例えば以下の写真はLIXILアメージュZA)、タンク部分に手洗いがついています。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/amage_z_s/

一方で、タンクレスの場合は便器に手洗いはつかないので、別で手洗い器をつける必要があります。

さかなさん

手洗い器をつけたら掃除する場所が増えるけど、それでもいいの??

らすく

たとえ掃除場所が増えてでも、手洗いがないのは私は考えられないから、絶対つけてほしい!

ということで、掃除の手間は増えてしまいますが、手洗い器は絶対に確保することにしました。

LIXILのタンクレストイレ・サティスSを採用

選んだのは、LIXILのタンクレストイレ・サティスS

これまでの条件を踏まえた結果、私たちが採用することにしたトイレが、

LIXILのタンクレストイレ・サティスSです。

仕様書の写真が、こちら。

らすく

考えていたとおりの、シンプルさ!

サティスSは、LIXILのタンクレストイレの中でも、リーズナブルなモデルです。

コンパクトなデザインの便器で、場所をとらず、トイレ全体がすっきりきれい見えますし、掃除もしやすそうです。

サティスSの選んだ仕様がこちら

続いて、私たちが選んだ、トイレの仕様について紹介します。

まずは、便器のカラー。

サティスSは、便器本体の色が4色から選べます。

私は、トイレといえば!といったかんじの、ピュアホワイトにしました。

続いて、トイレ手洗キャビネット

トイレ手洗キャビネットは、

コフレルスリム(壁付)ハンドル水栓タイプ」にしました。

小さい手洗いと収納棚、幅の薄いちょっとしたカウンターとトイレットペーパーホルダー(紙巻き)が付いているデザインです。

棚と手洗器の色は、10通りの組み合わせから選べます。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/cofureru/variation/

私は、仕様書の写真のとおり、薄い茶色のクリエペール×ピュアホワイトに。

続いて、カウンターのタイプ。

カウンターの有無・キャビネット・手すりの有無を以下の4つから選べます。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/cofureru/

私は、カウンターだけがついている、カウンターキャビネットタイプに。

手洗い器の上にミラーをつけることもできますが、ミラーは無しにしました。

ちなみに、LIXILのトイレキャビネットには、「コフレル」の他に、

ユニットを自分の好みに組み合わせることができる、

キャパシア」もあります。

キャビネットの扉の大きさや数をトイレに合わせて組み合わせたり、

自分の好みの形の手洗い器を選ぶことができるようでしたが、

らすく

シンプルでいいので、コフレルで十分!

ということで、コフレルのままにしました。

なお、コフレルの収納については、以下の写真のとおり、手洗い器の下にしかありません。

コフレルスリム(壁付)の場合、キャビネットの中はこんなかんじ。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/cofureru/feature/#anchor03

私たちはハンドル水栓タイプなので、一番右のものになります。

トイレの掃除用品は収納できますが、トイレットペーパーの予備を置いておきたいので、できればもう少し収納できる場所がほしい。

ということで、LIXILのトイレとは別に、造作で簡単な棚を作ってもらい、トイレの上部の壁につけてもらうことにしました。

らすく

ちなみにトイレ内の壁紙は白色で、

この棚をつけた壁には、アクセント壁紙を貼る予定です

最後に、ウォシュレットのリモコン。

LIXILのサティスは以下の3種類から選ぶことができます。

  • 壁リモコン
  • スマートリモコン
  • インテリアリモコン

私はとくにこだわりはなくて、

LIXIL担当者さん

リモコンは、インテリアリモコンでいいですよね?

と、LIXILの担当者さんが勧めるがまま、インテリアリモコンにしました。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/function/relaxing/

トイレットペーパーホルダーに、リモコンがくっついているデザインです。

ちなみに本当は、トイレットペーパーホルダーは、木製のものや、真鍮のおしゃれなものを別で購入してもいいかな~と思っていたのですが、

コフレルの場合、カウンターにトイレットペーパーホルダーが付属しており、セットで購入する方がよさそうだったので、「まあいいかな~」とそのままにすることにしました。

いいなと思っていたトイレットペーパーホルダーが、こちら。


木の部分が無垢材、ストッパーがアイアン風で、おしゃれなカフェにありそうなデザインのトイレットペーパーホルダーです。

サティスSのトータル価格は?

以上、LIXILのタンクレストイレ・サティスS。

ほぼ追加オプションなどはつけていない、シンプル標準仕様で、

トータルの価格は、定価で以下のとおりでした。

定価:426,800円(税込み)

値引き率:私たちの場合、約40%

購入価格:約25万円

内訳(税込み):

サティスS(便器部)67,100円

サティスS(機能部)250,800円

キャビネット(コフレスリム)108,900円

トイレをおしゃれにするために…2つの理想と2つの現実

棚付きのかわいいトイレ・LIXILリフォレも捨てがたい

さて、ここまで紹介したサティスSですが、実はトイレは、もう1つ候補がありました。

それが、LIXILのキャビネット付トイレ

リフォレ」です。

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/refore/case/

リフォレは、タンクレスではないのですが、タンクが後ろのキャビネットの中に隠されており、タンクレスのようにすっきり見えるトイレで、

トイレの後ろに収納棚と手洗い器がついているデザインになっています。

LIXILのショールームにトイレを見に行ったときに、展示されていたなかで一番気に入ったのが、リフォレのこちらのトイレでした。

らすく

この水色のキャビネットと、後ろのタイル調の壁紙の組み合わせ、かわいい~!

さかなさん

リフォレは、定価で252,000円~だから、

タンクレストイレのサティスよりちょっと安い価格帯みたいだね!

らすく

この後ろの棚に、絵とか観葉植物とか、ちょっと飾ったらおしゃれじゃない?

さかなさん

でも棚に物を置くと、その分掃除をしなければならなくなるし、ごちゃごちゃしていきそう・・・。

できるだけ掃除はさっと済ませたいって言ってたのに、それはいいの??

らすく

う・・・(確かに、最初に喜んで飾ったはいいものの、絶対そのまま放置してしまいそう・・・)

デザインがかわいく、お値段もサティスより安くなるので、結構いいなと悩んだのですが

長く使うことを考えると、やっぱり掃除の手間を優先したいし

私に、棚をきれいに飾ってそれを維持する自信がない・・・、と考え、

リフォレはやめて、サティスにすることにしました。

トイレの照明にこだわる?

もう1つ、これは仕様が決まったずっと後に気づいたことですが、

トイレをおしゃれにするために、照明をこだわってみてもよかったなあと。

こちらは、LIXILのサティスの写真ですが、

照明にブラケットライトやペンダントライトが使われています。

ブラケットライト

ペンダントライト

画像引用:https://www.lixil.co.jp/lineup/toiletroom/satis/

らすく

トイレのライトが違うだけで、ぐっと印象がおしゃれになる気がする!

私たちのトイレはとくに何も考えていなかったので、普通のダウンライトで話を進めてしまいました。

結果的に人感センサーにできたので、それはそれで便利そうでいいのですが、

トイレをオシャレにするために、照明をちょっと考えてみてもよかったかもしれません。

さかなさん

でも、ペンダントライトだと、ぶつからないように取り付け位置をよく考える必要があるし、

たとえ、ぶつかりにくい場所につけたとしても、なんか君は夜中にうっかり頭をぶつけそうだよね

らすく

う・・・(確かに、ペンダントライト、普段から命中率100%でぶつかるので、その可能性は否定できない・・・)

まとめ

今回は、私たちが購入することに決めたトイレ、LIXILのタンクレストイレ・サティスSについて、

選んだ理由や仕様・価格、

LIXILとTOTOのトイレの比較や、

トイレをおしゃれにするために私が迷ったポイントを紹介しました。

私のトイレ選びの一番優先したい条件、

「シンプルで、掃除がしやすいこと!」を、

十分満たしたトイレが選べたのではないかと思っています。

以上、お読みくださりありがとうございました。

↓ポチッ☆ρ゛(・・*) ☆励みになります