らすくの日々

妊娠中の医療費助成制度、実際にかかった健診費用・医療費控除について

妊娠中に心配だったことのひとつが、お金のことでした。

給与は産休中は職場から基本給が出ることになっており、また出産費用も「出産育児一時金(42万円)」が貰えるということを聞いていましたが、他にかかってきそうなのが毎回の健診費用。

妊娠したら定期的に病院に健診に行かなければならなくなりますが、実際のところどのくらいお金がかかるか・・?

今日は妊娠中の医療費制度について、実際に私の場合いくらかかったかを紹介したいと思います。

妊娠中の医療費助成制度について

結論から言うと、妊娠中の医療費は半分程度は市区町村から助成されます。なので、逆に言うと、まったく無料というわけではなく、医療費と助成部分の差額を都度支払うというかんじでした。

妊婦健診費用の助成券の交付について

まず妊婦さんは、居住の市区町村の役所で妊婦健診の助成券を交付されます。

具体的には、「妊娠しかもしれない・・」とわかると、まずは産婦人科などの病院で検査を受け、確認されます。

その後、赤ちゃんの心拍が確認できるだいたい妊娠5~6週目くらいに、居住の市区町村の役所へ「妊娠届」を提出することになるのですが、その際に役所から「母子手帳」と「妊婦検診医療費助成の助成券」を交付してもらえ、妊婦検診の費用を助成してもらえることになります。

妊婦検診医療費助成の各種助成券

私の居住の市区町村の場合、以下の助成券がもらえました。

助成券の種類助成金額枚数
妊婦前期健診券24,540円1枚
妊婦基本(S)健診券(S券8,810円1枚
妊婦後期健診券10,860円1枚
妊婦基本(A)健診券(A券)5,400円3枚
妊婦基本(B)健診券(B券)3,300円8枚

※多胎妊婦の場合は妊婦基本(B)健診が14枚になるようです。

A券とB券は通常の定期健診で使われていき、まずはA券を使って、なくなったらB券を使うという形でした。

また、前期健診券・後期健診券はそれぞれ11週目頃に行われる前期健診、33週目頃に行われる後期検診、S券は26週目頃に行われる中期検診で使われました。

実際にかかった費用について

現在妊娠37週目。39~40週で出産になりますので、順調にいけばあと2回の健診で予定日となりますが、今のところかかった費用は以下のとおりです。

健診名回数差額
前期健診1回0円
中期検診1回4,000円
後期健診1回1,260円
定期健診14回31,710円
差額合計36,970円

定期健診については、A券の3回は差額無し、B券になってからは毎回3,000円~4,000円ほどがかかりました。

また、私は血液型がRh-のため、出産のために別途注射を打つ必要があり、追加で6,500円ほどかかったことや、トキソプラズマの疑いがあったのでその分が追加でかかっています。

また、多胎(双子以上を出産)の方や、他に症状がある方は、その症状によって追加費用がかかってくるかと思います。

らすく

今後、定期健診の予定が2回ほどなので、3,000円×2回(見込み)とすると、合計で43,000円 ほどかな!

(参考情報)医療費控除について

なお、1月1日~12月31日までの1年間の医療費が10万円以上かかった場合は、【支出した医療費の金額ー保険金等の額ー10万円】が税金から控除されます。

また還付額は、【医療費控除額×所得税率】となるそう。

調べたところ、例えば 年収300~400万円の場合で、検診費や医療費が5万円、出産費用が52万円、保険料はなし、出産育児一時期が42万円の場合

5万円+52万円-42万円-0円-10万円=5万円

5万円×20%=1万円 となり、1万円が返ってくることになるようです。

アイコン名を入力

所得税率は年収によって異なりますが、330万円~695万円以下だと20%になります。

詳細は国税庁HPなどをご確認ください・・!

また医療費は年間の合計なので、健診の費用や出産の費用以外にも例えば以下のような医療費がかかった場合は、合計して医療費控除を受けることができるようです・・!

・妊婦の定期健診以外に、怪我や病気の治療費

・歯医者さんの治療費

・不妊治療の費用

・薬代

・通院や入院のための交通費    などなど

出産後は育児で大変だと思いますが、1万円でも返ってくるとかなり大きい!医療費が大きくかかった場合は、領収書などを残しておき、多少手間でも確定申告をして医療費控除をしたほうがいいなと思いました。

私も今後の医療費を見て、確定申告するか判断するつもりです。

以上、妊娠中の医療費助成制度と、実際にかかった健診費用・医療費控除についてでした。

お読みくださり、ありがとうございました。

↓ポチッ☆ρ゛(・・*) ☆励みになります