らすくの日々

ドラム式洗濯乾燥機を購入した感想(日立 ビッグドラム BD-SX110EL-N)

今日は2020年ここ最近で購入したもので一番よかったもの、

「ドラム式洗濯乾燥機」について 購入した感想を書きたいと思います。

結論を一言で書くと、

らすく

一秒でも早くドラム式洗濯乾燥機を買っておくべきでした。

迷っている時間が本当にもったいなかったな~と思うくらい、買ってよかったという感想しかない買い物でした。

なので迷っている方・普段忙しい方は、購入して後悔はないのではと思います。

購入した機種について

私が購入したドラム式洗濯乾燥機は

「日立のビッグドラム BD-SX110EL-N」

購入時価格は、 232,220円(税込み) でした。

楽天市場のビックカメラ店で購入しました。

ショップ限定のポイントがあったのと、楽天お買い物マラソン時に他のものとまとめ買いしたので、結果的にさらに50,000円くらい安く購入できました!

購入に至った経緯

現在、フルタイムで共働き、さらに秋に子どもが生まれることになり、前々より時短家電、ドラム式洗濯乾燥機・食洗器・ルンバ の購入を考えていました。

そこへ、2020年3月から感染が拡大している新型コロナウィルスにより、この5月、政府から特別定額給付金10万円 が各個人に支給されることに!

うちは二人家族なのでふたりで合計20万円、「せっかくなので、大事に使えるものに使いたい・・!」と思い、とくに購入の優先順位が高かったドラム式洗濯乾燥機の購入を決意しました!

使用した感想

とにかく、、楽・・・!

洗濯物を洗濯機に入れてボタンを押して待っているだけで、よく乾いたTシャツが、ふわふわのタオルが手に入るなんて・・!いままでの苦労がなんだったんだろうと思うくらい、洗濯物を干す手間がなくなっただけで一気に家事が楽になりました。

購入した「日立 ビッグドラム BD-SX110EL-N」は、乾燥機能も申し分なく、タオルがふわっふわ、シャツもしわは寄らず!

一枚だけ、パーカーの袖が縮んで短くなってしまいましたが、それ以外はまったく問題なく使えています。

ベッドのシーツなど大型の洗濯物も洗濯・乾燥してみましたが、こちらも全く問題なく乾きました。

においも、最初の2回ほどは、新品の機械のような、なんだか変わったにおいがする・・?と思いましたが、3回目くらいからはそのにおいも全然気にならなくなりました!

懸念だった電気代も使用前と使用後で、大きな変化はないように思います。

らすく

元々、外干しではなく、浴室乾燥機をよく使用していたので、むしろ体感としてはこれまでより少し安くなった、ような・・?

もし外で太陽にあてて洗濯物を干すことにこだわりがある~という場合でなければ、ドラム式洗濯乾燥機、買って損はないのではと思います。

購入の際に重視した点

ドラム式洗濯乾燥機とっても複数メーカーから様々な機種が出ていますが、どれを購入するか検討する際、私は以下の点を考慮しました。

洗剤の自動投入機能があるかどうか

洗剤・柔軟剤をあらかじめタンクに投入しておけば、洗濯の際、洗濯物の量によって自動で洗剤・柔軟剤を投入してくれる機能です。

洗剤・柔軟剤の投入なんてほんの少しのことですが、何も考えず洗濯物を入れてボタンを押すだけで済むことは、思いのほか、非常に楽でした!

また、比較検討で口コミを見ていた際、「自分の目分量で洗剤を投入する場合、必要以上に洗剤を入れてしまうことも多く、自動投入のほうが結果的に洗剤の節約になることもある」という意見があったので、どうせ同じならと、自動投入機能があるものにしました。

乾燥機能の精度

購入の際に他社製品も比較検討しましたが、洗濯機能についてはあまり差は見受けられないですが、乾燥については、機種によって結構ばらつきがかなりあるようだなと。中には「乾きが悪い」・「洗濯物が縮んでしまう」ことが頻発するような機種もあるよう。

乾燥が使えないと意味がないので、とくに乾燥機能の口コミはよく見たほうがよいかと思います!

ドラム式洗濯乾燥機の注意点

このように大変すばらしいドラム式洗濯乾燥機ですが、使ってみて以下の注意点もあるかなと思いました。

埃がたまりやすく掃除の必要がある

洗濯・乾燥後、取り出す際に、洗濯機の蓋の裏、入り口のゴム部分、埃取りフィルターに結構な量の埃がたまってしまうので、毎回ティッシュなどで取り除く必要があります。

意外に音がうるさい

洗濯・脱水は問題ないのですが、乾燥の音が意外に大きい。

たいてい日中や夕方帰宅後すぐに洗濯するようにしているので今のところ問題はありませんが、もし深夜に洗濯・乾燥をしたい場合は近隣への注意が必要かもしれません。

さかなさん

日立のビッグドラム BD-SX110EL-Nは、ナイトモードもあるのですが、それでも少し音があるように感じました

綿・麻(リネン)素材の乾燥の際は注意

綿や麻(リネン)素材を乾燥させると、しわが入ってしまうことがあるようなので、とくに大切な服を乾燥させる場合は要注意です。

また、まだ冬になっていないのでわかりませんが、おそらくセーターも乾燥には向かないのではと予想されます。

洗濯物を入れすぎると乾燥しきらないことがある

うちはいつも洗濯機の8割くらいの量で洗濯・乾燥していますが、8割を超えると、一部の洗濯物が乾かないことがありました。

らすく

なおその場合は、乾いていないものだけを追加で30分ほど乾燥させています

まとめ

このように、注意点もいくつかありますが、結論としては、「時間と手間が節約できて家事がかなり楽になったので、本当に購入してよかったな!」と思います。

今後、購入を検討している方はぜひ!

以上、お読みくださりありがとうございました。

↓ポチッ☆ρ゛(・・*) ☆励みになります